特集 > 京葉線連接車E331

アイコン 高速鉄道 駅DB 温泉駅近 特集

不運の試験車両E331系登場時のレポ再公開中

2007/3/18デビューの京葉線E331のレポート。JR通勤電車初の連接車体14両編成(車体長は20m車換算で10両)。ドア位置が20m車とは異なるため、土休日のみの営業運転となる。

(左)205系との並び、(右)外部LEDは、路線名と行先の交互表示

(左)連接中間車。3ドアで車長・ドア間とも短い、(右)7,8号車は、片側のみ連接車

(左)1,14号車にはロング/クロス転換座席がある。編成当たり4箇所。
壁にロング座席が格納されているため、窓下が厚い
(右)中間車の座席。先頭車は、E231と同じタイプ

(左)運転台の計器類はデジタル、(右)床の点検ふた?

(左)車内LCDは山手線E231と同じ、(右)窓は上段下降式

(左)連結部分アップ、(右)空調とパンタ。空調は14両全車に搭載。


(左)中間の7-8号車間は通常台車、(右)その他は連接台車


(左)空調配置、(右)先頭はE231よりは曲線が目立つ

起動走行音(MP3)---DDMモーターは201風な音


京葉線連接車E331
ホーム >特集