特集 > 観光列車散策

アイコン 高速鉄道 駅DB 温泉駅近 特集

近鉄特急「しまかぜ」


20年に一度の伊勢神宮式年遷宮に合わせてデビューした、近鉄の豪華リゾート特急「しまかぜ」のレポート。

(左)角を強調した斬新なデザイン(伊勢市)、(右)ロゴマーク

(左)先頭車デッキは天井が高く開放的、(右)先頭車デッキは荷物ロッカーがある、床は石仕上げ

(左)中間車のデッキの床模様も美しい、(右)デッキから客室を望む

(左)先頭から2両目の2,5号車は通常の床高さのプレミアムシートが2+1で並ぶ、(右)2人掛け

(左/右)1人掛け、レッグレストは座面と段差がある

(左)リクライニングは電動式、リズムボタンはエア式のマッサージ機能で心地よい、
(右)先頭1,6号車の窓は上に長い、デッキ部が外光のような演出、先頭車の案内表示はLED表示器

(左/右)前面展望、後方からの眺望もよい、先頭車は床面が高いハイデッキ構造

(左/右)カフェ車2階は13席。飲み物だけではなく、松阪牛カレー、海鮮ピラフ、うどんなど本格的な食事もある

(左)カフェ車1階は6席、(右)カフェ車メニュー

(左)海鮮ピラフ、お米も固まっておらず美味/水付き、
(右)みかんジュース、カップはプラスチック、コースターはしまかぜロゴ入り、右の「9」は呼出ボタン

(左)カフェ車片側は通路になっている、(右)カフェ車の片端には売店があり、反対側の端には洗面台がある

(左/右)サロン室は3部屋ある、座り心地は開放席の方がよさそう

(左)喫煙ルーム、(右)パウダールーム

(左)2/5号車の車内案内はLCD式、(右)和風個室は掘り炬燵式で広いが人気で予約は取りにくい

(左/右)洋風個室も人気で予約は取りにくい、個室はカフェ車のメニューをボタンで注文/お届け可能


北信越東海エリアの新感覚列車

雪月花 越乃シュクラ おでんしゃ ろくもん しまかぜ ながら

ホーム >特集