特集 > メトロ日比谷線13000系デビュー

アイコン 高速鉄道 駅DB 温泉駅近 特集

東京メトロ日比谷線にデビューする13000系の2016年末特別運行初日と3/25通常運転開始のレポート。実際の通常列車への投入は春ごろの見込みです。(車内は12/25夜頃公開予定)

2016年末の特別運行

(左)全景、グレー帯の色見が03系と異なる(以下外観は南千住)、(右)特徴あるコの字型のライト。上辺5つが下向きライト、縦5つがハイビーム

(左)行先LEDは駅番号付き、(右)台車。ラインカラーは最近の路線図に近い青みがかった明るいグレー

(左)連結部分のデザインとパンタ、(右)18m3/5ドア8両(144m24〜32ドア)から20m4ドア7両(140m28ドア)になるため停車位置表示も7両を追加

(左)一番列車の出発合図、(右)フロントビュー


2017/3/25通常運行開始

(左/右)中目黒に到着

(左)行き先案内には両数表示、(右)新旧並び(中目黒)


車内

(左)銀座線2016年度増備車同様ドア上はモニタ3つ、(右)路線図は紙版並に大きく見やすい

(左/右)次駅名表示は「ローマ字/漢字、ひらがな/韓語、漢字/簡体字」の表示。日本語は左右に出てくるのは目の移動が多くユーザに優しくない。(銀座線1000と同様)

(左)荷棚のガラスはLEDライトが埋め込まれ格子模様が浮かぶ、(右)車番は銀座線1000同様シールではなくステンレスプレート
(左)霞が関の急カーブ区間での連結面間、既存車より車長が2メートル延びている、カーブの音は操舵台車により静か、(右)13000デビューポスター

(左)ブルーグレーの座席と青い床、(右)優先席は水色
(左)3000引退時のイベントでの並び(千住検車区)、(右)長野電鉄で活躍する元営団3000(湯田中)


日比谷線13000系
ホーム >特集