特集 > 観光列車散策

アイコン 高速鉄道 駅DB 温泉駅近 特集

おいこっと


日本の原風景を走る列車。大都市「TOKYO」の逆ということで「OYKOT」という列車名がついています。観光列車以外にも、普通列車として運用されることもあります。十日町では、お酒を楽しむ観光列車「越乃シュクラ」への乗り継ぎができる日もあります。」


(左/右)2両編成で土壁色ベースと赤漆色ベースの2色がある(飯山)

(左)ロゴマーク、(右)古民家をイメージした外観

(左)木目風と黒いアクセントで古民家風な内装、(右)蛍光灯カバーの装飾

(左)窓のロールアップカーテンは障子模様、(右)ロングシートベースのペアシートにもテーブルがついている

(左/右)窓間には沿線の風景がイラストで描かれる。


甲信越エリアの新感覚列車

おいこっと 海里 越乃シュクラ 雪月花 ろくもん

ホーム >特集