特集-「越乃シュクラ」乗車レポ
Koshino shukura train

雄大な日本海の車窓を望みながら、米どころ新潟のお酒とジャズを楽しめる列車のレポート。


(左)外観(上越妙高)、(右)全景(青海川)

(左)日本海に近い青海川駅では撮影タイムがある、(右)サイドビュー(青海川)

(左)停車駅には専用の駅名板がある、(右)ロゴマーク

(左)オリジナルラベルのお酒とおちょこ、(右)2号車、利き酒コーナーは定期的に銘柄を変更

(左)1号車はお酒や食事がついたびゅう旅行商品専用車、(右)1号車山側席の一部は海を向いたハイデッキ

(左)1号車の足元の広い4人用ボックス席、(右)1号車運転室後ろはお食事準備エリア

(左)3号車はみどりの窓口で購入可能な一般席、(右)3号車の運転席後ろはフリースペース

(左/右)3号車座席はサイドテーブル付き

(左)2号車は販売カウンターがある、(右)2号車の大半は樽型の立ち飲み?兼イベントスペース

(左)照明も酒蔵風?、(右)2号車のショーケース

(左)横断幕でお見送り(上越妙高)、(右)日本海を眺めながらのお酒タイムが楽しめる

(左)2号車ではジャズ生演奏もある、(右)記念スタンプやパンフ類。右手前にジャズ演奏リクエストシートがある

沿線名物、観光、まつり

(左)柏崎駅前「レストラン日本海」の鯛茶漬けは2013年度ご当地どんぶり選手権グランプリ、(中)高田城、(右)十日町雪まつり


新感覚列車ページ


>越乃シュクラ 乗車レポ