特集 > 観光列車散策

アイコン 高速鉄道 駅DB 温泉駅近 特集

丹鉄「くろまつ」


丹鉄には、乗車のみの観光列車「あおまつ」、気軽にカフェを楽しめる「あかまつ」、本格料理が楽しめる「くろまつ」号が運行されていますが、その中のひとつ「くろまつ」のモーニングコースのレポート。

(左/右)黒に赤のアクセントカラー(大江/福知山)

(左)ロゴマーク類、(右)ハムにも見えてしまうロゴ

(左)車内は暗めの木目調、(右)4人席

(左)2人席、(右)食事準備カウンター。接客設備としては使われていない。

(左)入口はトイレと反対側(福知山発は進行方向側)、入口の雰囲気、(右)車販準備室、奥がトイレ

(左)路線図、(右)壁の装飾

(左)前面展望、(右)沿線の観光地を写真パネルで展示しているが、トイレの奥は業務用スペースとして利用されており活かされていない

(左)姉妹車両のあかまつ(宮津)、(右)普通列車との並び(大江)

(左)メニューがセットされた状態、(右)ウェルカムドリンク

(左)ローストビーフサンド、(右)デザート、左上のスイーツは、スポイトのオリーブオイルを追加して味変できる仕掛け付き

(左)食事はカートで運ばれてくる、(右)海の京都を車窓に見ながら進む(天橋立〜宮津)

(左)カーテンは装飾用と、すだれ式ロールアップカーテン、(右)長閑な車窓を眺めながらのコーヒータイム

(左)海の京都の伊根の舟屋、(中)日本三景の天橋立、(右)福知山城

(左)舞鶴港の赤レンガ倉庫群、(中)大江駅前の鬼瓦公園、(右)由良川鉄橋は海の上を走っているような車窓


東海関西エリアの新感覚列車

しまかぜ つどい足湯 くろまつ 青の交響曲 あをによし ながら おでんしゃ

ホーム >特集