台湾鐵路散策
Taiwan TRA info

阿里山鐵路 神木線 沼平線

2014夏の阿里山鐵路、阿里山駅周辺2路線のレポート。台風の影響で嘉義から阿里山の本線は運休中の時期でバスで移動。 日中は、阿里山駅から沼平線と神木線の2方面に列車が30分間隔で運行される。沼平駅と神木駅間がハイキングコースとなっているため、2路線を利用した周遊が可能。

左:在来線台鐵嘉義駅、右:嘉義駅前のバスターミナルから出ている阿里山行バス

左:標高2000メートル以上のため雲の上、右:所要時間約2時間半で到着。嘉義市内が30度越えの中17度! 保全地区のため、入山料150元を払って入場。

左:阿里山鐵路阿里山駅、右:100周年記念マークを展示

左:森林鐵路らしく木をふんだんに使用した駅舎、右:阿里山駅ホーム。木造客車が留置中

左:蒸気機関車も大量に留置されている、右:新型機関車の沼平線

左:制御客車(阿里山〜沼平)、右:沼平線が行く(阿里山〜沼平)

左:沼平駅は石造り、右:沼平駅内はガラスと木の屋根が美しい

左:沼平駅出札、右:沼平駅ホームはガラス屋根で明るい

左:沼平駅前の絶景、中:沼平からハイキングコース10分ほどで原生林の中、右:神秘的な姉妹潭

左:台湾最高所の小学校、中:受鎮宮、右:巨木群が連なる

上記の観光スポットは、沼平駅と神木駅の間に点在。

左:神木駅終端点、右:神木駅ホーム

左:列車は定員制で現在人数を表示している、右:通票タブレット交換風景

上下左右:森の中を進む阿里山鉄路神木線


>阿里山鐵路