台湾鐵路散策
Taiwan TRA info

車内散策-台鐵区間車編


西部幹線/宜蘭線EMU800

2014/1デビュー。日本車輌と台湾車両ノックダウン生産。

(左)先頭アップ、区間車=青から黄色ベースに(三貂嶺〜牡丹)、(右)連結カバー開(新竹)

(左)斜め上から、JR四国8000風(嘉義)、(右)フロントビュー(三貂嶺〜牡丹)

(左)基隆川沿いを行く(三貂嶺〜牡丹)、(右)2列車並び(台中)

(左)背もたれは700より高めで快適、(右)ドア部のつり革は円形につく、ドアはステップなし


西部幹線/宜蘭線EMU700

台北〜新竹周辺でよく見かける。日本車輌と台湾車両ノックダウン生産。

(左)黄色のくちばしが特徴(新竹)、(右)連結器はカバーで覆われる(汐止)

(左)車内、(右)ドア上はLED2段式、初期車の車内チャイムはJR東日本二戸駅発メロなどと同じだった


台湾電化各線区間車EMU500/600

EMU500と600は外観は同じ、EMU600がVVVF。韓国大宇&ロテム製。

(左)頑丈そうな外観(瑞芳)、(右)六家線/沙崙線用車はドア上LCD付き

(左)オリジナル車車内、(右)六家線/沙崙線用RN車内


台湾支線直通区間車DR1000

内湾、林口、平渓、集集線用日本車輌製ディーゼル車。
両運転台で、トイレ側の先頭は前面展望ができる区画がある。

(左)ブラックフェイスの車両でDR3100自強号似(大華〜十分)、(右)アーチが特徴ある車内

(左)橋梁通過(大華〜十分)、(右)現在は側面はラッピング車がメイン、集集線(集集)

(左)平渓線ラッピング車(三貂嶺)、(右)内湾線ラッピング車(竹南)


>台鐵 区間車編