台湾鐵路散策
Taiwan TRA info

おまけ-台湾の蒸気機関車


(左)2014年に復活したCT273は日本のC57(玉里)、(右)SL仲夏寶島號(玉里〜東玉)

(左)CT273全景、(右)電源車、復興号客車、普快客車、2500気動車の編成

(左)DR2500は冷房改造車、(右)玉里の南にある橋梁は新撮影地?

(左)R123は青塗装の人気機、(右))SL仲夏寶島號後部

(左/右)羅東から徒歩10分の森林鉄道(静態保存)

(左)苗栗の阿里山鉄道機関車、(右)阿里山駅に留置されている蒸気機関車17と24号

(左)苗栗駅徒歩5分の鉄道文物館のCT152は日本の8620、(右)同じく苗栗のDT561は日本の9600ベース車

(左)苗栗のナロー331、(右)台北駅前のナローLDK58

(左/右)彰化機関庫のDT668は日本のD51

(左/右)彰化機関庫のCK124は日本のC12

(左)CK101は日本にはない旧台湾総督府鉄道オリジナル形式の日本製
(右)高鐵台中駅(新烏日)には段ボール製のリアルなSLが多数展示されている。

現役蒸気のCK101、CK124、DT668の並び(彰化機関庫:入場無料)


このほか、高雄の橙線の終点西子湾駅の旧高雄港や、阿里山鉄道奮起湖駅にも、保存展示されています。
>台湾の蒸気