台湾鐵路散策

アイコン 高速鉄道 駅DB 温泉駅近 特集

>台湾鐵路散策

車内散策-DC自強号



東部幹線の台東〜屏東間を通過する自強号列車

  • TRA Ziqiang hao

    DR2800(東急製)
    DR2900/3000(日立製)
    DR3100(日車製)
  • 基本座席配置
    ↑樹林/台北
    |01,03|通路|04,02|
    |05,07|通路|08,06|
    ←山側 : 海側→
    |45,47|通路|48,46|
    |49,51|通路|52,50|
    ↓花蓮/台東/高雄

  • DC自強号DR3100車内散策


    ←樹林/台北 |東部幹線| 花蓮/台東/新佐営→
    ←高雄/潮州 |西部幹線| 台北→
    6両: 1-2-3 + 4-5-6
    9両: 1-2-3 + 4-5-6 + 7-8-9
    12両: 1-2-3 + 4-5-6 + 7-8-9 + 10-11-12

    DC自強号DR2900/3000車内散策

    DC自強号DR2800車内散策

  • 無座(=立席券)で空いている席に座ることができます。
  • ごみの回収員が巡回しています。
  • 3両編成が2〜4本連結して6〜12両編成となっており、編成間の通り抜けもできます。

  • DR3100

    ↓(左)DC自強DR3100はブラックフェイスの車両(花蓮/玉里)

    ↑(左右)DR3100(池上/林邉)


    DR3000

    ↓(左)フロントビュー(三貂嶺〜牡丹)、(右)(三民〜玉里)

    ↑(左)DR3000は幅広ではなくブラックフェイスでもない車両(三貂嶺〜牡丹)、堂々12連(三民〜玉里)


    DR2800

    ↓(左右)DC自強DR2800は幅広車、12連が海岸沿いを行く(石城〜大里)

    ↓(左右)電化前の花蓮/池上駅に停車中

    ↑(左)DR2800車内、(右)DR2800先頭部分のシートはどの列車も座っている気配はない

    ↓(左)DR3000車内は円状装飾と木目調の壁が特徴、(右)DR3000座った感じ

    ↑(左右)DR3000座席。普通席だがフットレスト標準装備


    ホーム > 台湾鐵路散策