特集 > 美しきLRT

アイコン 高速鉄道 駅DB 温泉駅近 特集

ストラスブール/ザグレブ編


日本にもLRTへ飛躍しつつある市電が増えてきましたので、景観としての欧州日本LRTのレポをまとめました。

多くの行政の方々が海外視察に行ってはいるものの、なかなか日本に普及しないLRT。欧州のトラムにはあり、日本の路面電車に足りないものが何なのかを考えるきっかけになっていただければ幸いです。

ストラスブール(フランス)

LRT先進都市としての代表都市、地下駅や美しいデザインが特長

(左)円形の屋根が美しい電停、(右)この電停は路線がクロスする中心部

(左)緑との調和も美しい、(右)大聖堂とトラム

(左)大聖堂からの俯瞰、緑化軌道を進む、
(右)中心部は車の乗り入れ禁止、その他場所でもトラムがメインの道路

(左)中央駅は地下で線路を跨ぐ、(右)世界中があこがれるトラム先進都市

(左)中央駅電停とトンネル、(右)初代ユーロトラム型(右)とcitadis型(左)の並び

(左/右)長編成が行き交う。大半の都市では、移動ツールとして目立つよう、ビビットな色を採用しているのに対し、景観に溶け込む色彩を採用


ザグレブ(クロアチア)

重厚な街並みの中を走る青いLRVが美しい。


(左)中央駅前からストロスマエル美術館を望む、(右)歴史的建造物の間をゆく

(左)ズリンスキー広場の彫刻とトラム、(右)歴史地区の赤屋根の間からトラムを望む


(左)石畳を行くトラム、木がないがグレー系の街並みに青いトラムは目立つ、(右)5連接のトラム

(左)ズリンスキー広場の噴水とトラム、(右)イェラチッチ広場を行き交う


(左/右)石造りの重厚な街並みに青い車体の存在感は抜群

(左)夕暮れの中を走る、(右)運行頻度も高い


美しきLRT

仏/クロア スイス/墺 ドイツ 北欧 日本北陸 日本各地 台湾高雄

ホーム >特集